スペインで日本人俳優として活動中。関西のあんちゃんの悪戦苦闘と成長を綴った元気の出るブログです。


by k-chulo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

頭ん中をグ~ルグル

さてさて、ここ数週間は、ちょっとした作品発表のためにほとんど毎日稽古をしていたんで、ブログを書いていませんでした。お待たせいたしました。



さて、いきなりなんですが、ここ数日僕の頭ん中を
占領しているものがあります。


これをyoutubeで観てから、どうやっても離れません。



地下鉄に乗っていても、シャワーを浴びても、
ずぅ~っと、グルグル・・・。



なんか僕のスポットに、ズバッとはまったみたい。




毎日サグラダファミリアを見ながらこれを口ずさんでるのは、多分僕だけやと思います。
いやぁ~、このスペインでももしかしたら一人かも。



その映像ってのがこれです。


元気になるビデオ(youtube.comより)






キャッチーなフレーズ、元気だけが取り得のような歌唱法、おまけにこのコテコテ大阪モード。



嵌ってます!!



あのぉ~ひとつ告白してもいいですか・・・




  実は、僕・・・






   振り付け
  覚えました!

      





でも、でも、でも・・・



   どこでお披露目するねん!!!




カラオケ行きてぇぇ~、ここに海外暮らしの限界が・・・


それに、年末に帰省する頃には、もう日本では誰も歌ってないやろうなぁ。


あっ、そうや。ってことなんで、僕の華麗な振り付けを見たい方は、バルセロナにお越しください。在住されてる方は、ご連絡下さい。アカペラでお見せしますよ。




※注意※ このビデオはジャニーズ関連なんでyoutubeでの規制が厳しいみたいです。早く見ないと消されちゃいますよ。 あっ、この消されてたときのために、僕が嵌っているのは 関ジャニ∞「ズッコケ男道」です。




c0012903_7444178.gifヨーロッパのブログランキングに参加中


応援クリックが継続の励みです。
[PR]
by k-chulo | 2007-04-30 06:42 | OTHERS





どうも・・・



     ホンマに・・・



2番目のひとやったみたい・・・


だって、エージェントから連絡ないもん!!!





分からない方は、この直前のブログを読んでください


c0012903_7444178.gifヨーロッパのブログランキングに参加中
そんなこともあるさぁぁぁぁ~・・・の励ましクリック!


[PR]
by k-chulo | 2007-04-13 05:38 | ACTING

DOS! ドス!2!

今週は3本キャンスティングが入ってました。
新しいテレビシリーズのメインキャスト、テレビスポット、短編映画の3つ。

今回はこのテレビスポットのネタで・・・。

エージェントから電話がかかってきたのが、水曜日。
オーディションは翌日の木曜日。クライアントはオレンジのロゴで有名な某携帯電話のキャリア。(あっ、もう社名言ってるけど・・・)

エージェントのJ姉さんがいうには、
「かなり、かな~り、かな~~り、セレクションされたキャスティングよ!頑張ってきてね」
だって。

最近は俳優組合などの働きかけで、以前よりも厳しく写真や履歴書で事前にセレクションされてから、実際のカメラテストに呼ばれるようになりました。というのも、つい1、2年くらい前までは「なんで俺がこのオーディションに呼ばれてるの?」・・・なんていう、訳の分からないものに呼ばれることが時々あり、役者の方から文句が多く出てました。まぁ、これはエージェントのミスもあるんだけど、キャスティング側、役者側、お互いの時間の無駄をなくそう、ってことでキャスティングディレクター側がかなり厳しく写真チェックするようになったみたい。

だって、このk-chuloが、ブロンド&金髪でムキムキモデルたちのオーディションや、HIP HOP系のダンサー達のオーディションに行かされたこともありました。確かに、人種の彩りとして「アジア人」が必要な時はあると思うけど、なんか「これ全然ちゃうやん!」っていう時はやっぱりダメでしたね。っていうか、最初からイメージがちゃうねんから、仕方ないけど。


さてさて、今回の某携帯電話のキャスティング。

場所はバルセロナのグラシア地区にあるキャスティングスタジオ。
なんと、カメラテストが行われるのは午後12時から午後2時の間のたった2時間だけ。
確かに「かなり、かな~り、かな~~り」セレクションされている感じです。

僕がスタジオに着いたのは、1時過ぎ。
スタジオの入り口で、キャスティングディレクターらしき人がスタッフと談笑しながらタバコを吸ってました。


「え? まだ始まってないの??」って思いながら、スタッフに“元気に”挨拶して、待合室においてあるリストを探しました。
(到着順にカメラテストがあるため、順番取りのためにスタジオに着いたら名前を書く必要があります)

どれどれ、今日はどんな人がいるのかな?


知ってる人いるかな?


って思いながら、名前を書こうと思っていたら・・・




わぉぉぉ~




なんと、リストに書かれているの




僕の前にたった2人だけ。



えぇ~・・・僕入れて3人だけやん。



なんとまぁ・・・
「かなり、かな~り、かな~~り」のセレクションじゃないですか。



カメラテストの演技は、

目隠ししてクス球を割る。すると、その中から美しい紙吹雪が降ってくる。
その美しい情景を満足しながら見ている・・・

ってやつ。


この手のさわやか系の演技は割と得意なんで、目隠しを外したときの小さな驚き、その後の作り過ぎない自然な笑顔・・・なんて感じで、かなりうまくまとめることが出来ました。

キャスティングディレクターも、「うん、なかなかいいね。その動き好きだよ」なんて、言ってたし。
おまけに、このキャンスィングディレクター、前に一緒になったことがある人で、某ベッドメーカーのTVスポットの最終選考で僕を一押ししてくれていた人。

フムフム・・・

今の時点で候補者3人やし、ディレクターもかなりお気に入りの様子やし・・・
これいただきかも・・・って、ことを思いながらも、顔には出さずにカメラと照明から外れてスタジオから出ようとしたとき、スタッフがこのキャスティングディレクターに

「…(ここは聞こえなかった)・・・は、どうしますか?」

キャスティングディレクターは、たった一言「Dos!(2!)」って、アシスタントに指示するのが耳に入ってきた。


「何???」って思いながらも、そのままスタジオ出てきました。



えぇ~でも、「2」ってなんやねん。


なんかの暗号??? 


なんかを2回するとか…





えぇぇぇ~、あぁぁぁぁ~



2番目の候補者が良いってこと?



きっとそうやぁ!!




ぐぁぁぁぁん・・・


オレ、3番やん!!!!




これって、アカンってこと???


うぇぇ、なんか気になってまう。


結果はセマナサンタ休暇明けです。



c0012903_7444178.gifヨーロッパのブログランキングに参加中
聞かない方がいいこともある?そう思ったらクリック!


[PR]
by k-chulo | 2007-04-07 22:47 | ACTING

脱ぐ仕事・・・かも?


スペインにお住まいの皆さん、
突然ですが、スペインのテレビって好きですか?

あっ、テレビの仕事もしてるんですが、実は僕はあんまり観ない方です。
(あっ、こんなことは言ってはいかんのかなぁ)

バルセロナにお住まいでない方にお知らせすると、番組内容の良し悪しは別にして、バルセロナで観られる地上波のテレビ局って、以外に多いんですよ。
TVE、TVE2、Tele5、Antena3、Cuatroといった全国ネット局の他に、カタルーニャのテレビ局TV3、Canal33、BTVというのがメインどころです。

でも、これ以外に超ローカル局がいくつかあります。イメージ的には、大阪で言うと、サンテレビを10倍くらい小さくした局。

う~ん、見るからにローカル感がプンプンしてます。

ちなみに、家のテレビでは、この超ローカル局が7つくらい確認できます。


各局ごとに、なんとなくゆる~い特徴付けがあります。南米コミュニティをターゲットとした局、タロット占いや怪しげなクイズ番組を流している局、ミュージックビデオを中心に流してる局とか・・・。そうそう、でも、これらの局の多くは、夜中になると豹変するんですよ。


男子のみなさん聞いてください!!


なんと、激しいポルノ

が流れてきます。

いやぁ、もう・・・ 全部見えてます!!

青少年の教育上の問題が・・・とかって言葉が虚しくなるぐらいの垂れ流し状態です。


こっそりサンテレビの「大人の子守り唄」をみたり、旅館で流れているHビデオを、お金を入れずに「砂嵐の中」必死に友達と観ていた我が少年時代と比較すると、雲泥の差です。
(この部分に共感してもらえる「男子」は多いかと・・・)




あっ、前置きが長くなってしまいましたが、先日、バルセロナの隣町ホスピタレットの超ローカル局から仕事の電話が入ってきました。

自己紹介された電話の女性スタッフは、「夜の番組」のスタッフのようです。


この女性スタッフが自己紹介の後に、k-chuloに番組出演をお願いしたいとのこと。
ついては、「資料映像としてこのyoutubeの映像をみてほしい・・・」って言ってきました。
すぐそばにパソコンがあったので電話をしながら、早速見てみました。

その映像ってのがこれです。

お仕事の資料映像(youtube.comより)








見ていただきました???



そうです、これが仕事の資料映像。


「超ローカル局」…


    「夜の番組」…


          「この資料映像」…







女性スタッフはかなり普通の声で、


「どうですか、番組に出演していただけますか?」・・・と、





k-chuloの頭の中は…


うぉぉ~ あっ、ぼ、ぼっ僕・・これやるんですか


ま、まさか、僕も脱ぐんじゃないよな・・・


あんまり自信はないけど・・・(何のや?)


あぁ、「歌麿」として金髪ポルノ女優さんに絡んでいくのかな?


やってみてもいいかも・・ (この辺は完璧妄想状態)


なんて、言葉がグ~~ルグル。




そして、妄想から目を覚まさせてくれたのは、またこの女性スタッフの言葉。

「あのぉ、電話で出演して欲しいんですが。」





なっ、なんで電話やねん? 何すんの???

って思っていたら、


女性スタッフ
「コメンテーターとしてこのビデオの解説をしてほしいんですけど」だって。


あっ、あっっそう・・・

絡みはないんかい?
 
僕のナイスバディのお披露目はないんかい?

ってなんかちょっとガッカリ(本音は「ホッ」)としたK-chuloでした。




よく確認すると、この番組、全くお色気路線などのない普通の情報番組。
ただ、youtubeで見つけたこの映像が気になったらしく、とにかく何でもいいのでコメントして欲しいとのこと。


仕事を依頼された同日の午後11時半頃から、生放送で2分程度コメンテーターとして声の出演をしてきました。


こんな変わった仕事も舞い込んでくる春先のk-chuloです。



c0012903_7444178.gifヨーロッパのブログランキングに参加中
僕に脱いで欲しかった・・・と残念がってるあなた!応援クリック


[PR]
by k-chulo | 2007-04-02 08:38 | ACTING