スペインで日本人俳優として活動中。関西のあんちゃんの悪戦苦闘と成長を綴った元気の出るブログです。


by k-chulo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


知ってますか?

ここバルセロナの主要なクリスマスキャラクターは
なぜか「ウンチ」絡みのものばかりなんですよ。

う・ん・ち ですよ。 

聖なる夜に ウ ン チ なんですよぉ。

えぇい、しつこいって・・・


①El Caga Tio (和訳:ウンチおじさん)
なんともストレートな名前ですが、そのままなんで仕方ないです。
ここ最近はサンタクロースに主役を譲ってしまった感が大いに
ありますが、カタルーニャ地方では、この「ウンチおじさん」が
プレゼントを持ってくることになっていたそうです。

形は単なる丸太に目鼻がついただけのあっけない人形。

c0012903_193223.jpg


このお腹の部分に穴がくりぬいてあり、そこに昔はクリスマスに
食べる「トゥロン」っていうお菓子を詰め込んでおいたそうな。
クリスマスの夜、子供たちは歌を歌いながら棒っ切れで
お腹をつついて、この人形に「ウンチ」をさせる。
おなかから出てくるウンチってのが、詰め込んである
お菓子。つまり、ウンチを食すわけです。

まぁ、これがクリスマス恒例の子供たちのお楽しみみたい。
いまでは、おなかに詰め込んでいる「ウンチ」がお菓子から
オモチャなどに変わっているみたいですけどね。

それにしても、押し出した「ウンチ」がプレゼントなんて、
なんだかなぁ。


②Caganer (和訳:ウンチをするひと)
さて、我が家のクリスマスのベレンの写真(昨日の写真)
をよく見てください。

 見つかりました? 
          ウンチをしてる人形。

聖なるキリストの誕生を表した飾りの中に、
「なぜ? ウンチをしてるおじさんが?」

    確かに、謎ですよね。 

いや、日本なら「ふざけんなぁ」ってお叱りの言葉が
出てくるはず。



ただ、物の本によると、この人形の由来としてこんな説明が
ありました。

   この「ウンチする人形」は、決してふざけた意味合い
   ではなく、ウンチが土に返り土壌への肥料となることから
   クリスマスの日において、更なる今後の健康、繁栄を
   祈る象徴となっている。

   また歴史的には、18世紀末頃、17世紀に作成された
   『La Virgen y la montan~a de Montserrat』
   という大理石のレリーフからインスピレーションを受け、
   この人形が誕生したと言われている。
   この作品には、キリストの誕生を祝い贈り物を届ける
   人々が描かれているが、その中に茂みにうずくまっている
   男性の姿が小さく描かれており、この男性の姿がこの
   「ウンチする人」のモデルとなっている。


 う~ん。
   う~ん、なんだかなぁ。
     胡散臭い。あまりにも胡散臭すぎる…

だいたい、なんで「茂みにいるおじさん」を「ウンチしている」
って思えんねん。そんで、いきなり「ウンチ人形」の
インスピレーションやて? 


まぁ、僕の予想では、本当はこんなことやと思うけどね。

   18世紀末ごろのクリスマス直前、ある教会の牧師が
   ちょっとふざけて「ウンチ人形」をベレンの中に紛れ
   込ませておいた。
   それもできるだけあんまり目立たないように。
   教会の結構偉い人達も一緒に仲間内で盛り
   上がっていた。
   しかし、見つからないと思っていたその人形が
   めざとい子供たちに見つかってしまい、思いの他に
   村中で評判になってしまった。
   敬虔な信者からは、「こんなふざけたもんを飾るとは
   どういうことやぁ」と叱責・反感を買いそうになった。
   そこで教会側が「こりゃ、やばい」ってことで後付けで
   もっともらしい誕生秘話を作ってその場を乗り切った。


    要は、後付け、
          こじつけに決まってるって。


とにかく、「ウンコ人形」の起源はここカタルーニャ地方。
スペインで最初に人と違うことをやりたがるのはカタラン人。
(彼ら自身は「反骨精神」なんてきれいな言葉で言ってるけど・・・) 
おまけに、言い訳も日本人の100万倍巧いってことを考えると、
この「ウンチする人」の「誕生秘話の秘話」は僕の説が最有力!!
(やと思う)


では、ウンチまみれのクリスマス、皆さんもお楽しみください。

Feliz Navidad. Bon Nadal.
[PR]
by k-chulo | 2004-12-24 18:56 | LIFE in BCN

クリスマス直前ということで、少しクリスマスらしい話題を。
そうそう、ちょっと、ヨーロッパの雰囲気も醸し出して
おかないとね。

ここバルセロナでは、クリスマスツリーと同様に、キリスト誕生の
様子を表した置物(スペイン語:ベレン bele’n)を飾るのが
クリスマスの典型的なデコレーション。

各家庭によって多少異なるみたいだけど、ヨゼフ、マリア、
生まれたばかりのキリスト、キリストの誕生を祝って贈り物を
献上しにくる三賢者、や村人たち、動物等の人形を、馬小屋、
橋(三賢者が渡ってくる)、井戸、川などの模型と一緒に飾る
のが定番の飾りつけのようだ。

全ての置物を一気に揃えるのはなかなかの出費になるので、
たいていの家庭は「メインキャスト」のヨゼフ、マリア、
赤ん坊のキリストってあたりから、毎年徐々に「出演者」を
増やしていっているみたい。


歴史的には、イタリアで13世紀初めに始まった行事を、
18世紀にカルロス3世がナポリからスペインに持ち込んで
から、ここスペインでも広く浸透していったとの事。
(スペインの小学生の教科書より)


   これが我が家のベレン
c0012903_1972940.jpg

c0012903_198115.jpg



ただ、聞くところによると、人形を飾るのではなく、人が
実際に演じている場合もあるらしい。

特に田舎の方では、16時と21時になったら、
 魚屋のおじさんがヨゼフ
 最近結婚したスーパーのレジのおねえさんがマリア
 キリストはパン屋の若夫婦の間にできた赤ん坊
 三賢者はタバコ屋のおっちゃんとその仲間たち 
 村人たちA、B、Cには青年団?

ってな具合で、村人総動員で扮装して、この場面を演じているみたい。
なんか、これって、アットホームでなかなか楽しそう。一度僕も
「出演」?してみたいなぁ。


さてさて、K-Chuloは宗教関係のネタには、あんまり興味が
湧かなかったので、いままでこういうものをみても、ふ~んって
感じで、特に意識はしてなかったんですよね。

でも、改めて調べてみるとちょっと親近感が沸いてきました。
無宗教の日本人ならではの反応でしょうけどね。


ちなみに、日本で幼稚園に通っていた時は、
   キリスト系の幼稚園でした。


  …

  …  でも、実家は「浄土新宗」です。


 無宗教の極み、ここにあり!ですよね。
[PR]
by k-chulo | 2004-12-23 18:57 | LIFE in BCN

実は先週末、某Bufete de abogado(弁護士事務所)の
テレビCMのオーディションがあった。
金曜日と土曜日の2日間の間に行けばいいということだった
ので、早速、金曜日の午前中に行ってみた。


一般的なテレビCMのオーディションかと思ったら(普通は
状況設定・台詞は事前に用意されている)、オーディション
スタジオの小さな入口に

「弁護士に相談する状況を想定して
             3分間の演技をするように」

との張り紙。

げぇ~、台詞は自分で考えるのかよぉ? 

いくつかの状況設定は提示されていたので、演技は即興で
なんとか考えられるけど、それに合わせて台詞をすぐに
考え出すってのが難しい。

おぉ、やべぇ。



スペイン人役者達の状況設定の選択肢は、

「離婚したい」、「財産問題で家族がもめている」
「資金繰りがうまくいかないので会社を倒産させたい」等。


外国人俳優の状況設定は
「Quiero nacionalizarme.(国籍が欲しい)」
「Quiero regularizar mis situacionoes.
(現状を改善したい)」

要は、なんか味付けしながら、ビザが欲しいって
ことを演技すればっていうことやな。



控え室でグルグル頭を回転させながら、台詞を考えて
いたけど、いきなり3分喋り続けろ、なんて厳しい。

そこで、仕切り直しってことで一旦、家に帰ることにした。
土曜日もオーディションなんだから、金曜日一日、台詞と
演技を練って再度挑戦することに決めた。


早速、金曜日の午後、相棒のJに頼んでK-Chuloの素案を
口語的なスペイン語表現に直してもらって3分ちょっとの台詞を
作った。



状況設定は、こんな感じ…

日本人男性。バルセロナで建築を学んでいる学生。
カタランの女性と出会って恋愛関係にある。すぐに結婚をしたい。

ただ、彼は3年前に日本で結婚していて、子供もいる。
彼と妻との関係はすっかり冷め切っているが、妻が離婚に合意しない。

日本での婚姻関係はカタラン人の彼女は知らない。
彼は、この件について彼女には黙っていたい。
なぜなら、彼女がこの事実を知れば、破局を迎えると
考えているから。

彼から、弁護士への質問は、
「日本での婚姻関係を知らせずに、スペインで合法的に
結婚できる方法がないか」

と、まぁ、かなり安っぽい昼メロチックな設定。



台詞も演技もバッチリ練習して、再度土曜日の午前中に
オーディション会場へ。

控え室には数名しかいない。この分だと、15分もせずに
自分の番が回ってくるだろうと思い、最後のイメージトレーニング。


さて、いよいよ僕の番。

何に緊張したのか、なぜか最初の台詞が頭からぶっ飛んだ。
でも、なんとか持ちこたえた。イマイチ自分で100%納得する
出来じゃなかったけど、金曜日にあのまま飛び込みで受ける
よりは、ずっとましな演技だったはず。

最後に「Quiero conseguir la nacionalidad.
( I want to obtain the nationality.)」という
決め台詞の撮影をして、オーディション終了。


最後に、カメラマンの女性が、
「あなた昼メロ(telenovela)好きでしょ?
なかなかいい設定だわ。わたし好きよ」だって…


うぅ~ん、今回はあんまり自信ないです。。。
[PR]
by k-chulo | 2004-12-21 20:49 | ACTING

昨日の夕方、キャスティングエージェントから携帯に
メッセージが入っていた。

「もしもし、K-Chulo? T(エージェント名)のRosaです。元気?
実はね、テレビCMの撮影で今回はオーディションなしで
あなたを使いたいらしいの。でも、撮影は明日なの。
大至急、折り返しで連絡してください。
Urgentementeよ!!


メッセージが登録された時間は昨日の18時27分。

でも、僕は18時から22時まで芝居の稽古があったので、
昨夜は連絡できないままだった。



なので、早速、さっき(午前9時に)確認の電話を入れた。


Rosa姉さん曰く

「もうっ!K-Chulo!なんで昨日連絡くれなかったの? 

どうしても昨日中に確定させないといけなかったんで、

既に代役を送ってしまったわ。ごめんなさい。」


って…


おいおい、なんだよぉ。まじかよぉ。
もうちょっと待ってくれよぉ。

悔しいので何のCMかは聞かなかったけど…

トホホ…
[PR]
by k-chulo | 2004-12-18 17:20 | ACTING

ついこの間、台詞の中に「carmi’n」って単語が
出てきたんだよね。

スペイン語をやっている人なら(特に女性なら)
すぐ分かると思うけど、日本語で「口紅」って言う意味。
僕には縁のない単語だったので、4年もスペイン語圏に
いるのに、全然知らなかった。


そこで、ふと昔のお菓子を思い出した…。

知ってるかなぁ、「カルミン」ってお菓子。

なんか、中途半端に甘くて、中途半端にミント味な
お菓子。

c0012903_18585386.jpg










これって、スペイン語の「carmi’n」と関係あんのかなぁ。

   でも、あのお菓子って白かったよなぁ。

         じゃ、なんで「口紅」なんやろぉ?


こんなしょうもないことが、頭を堂々巡りしていたので、
ちょっと探してみました。 カルミンについて…。

(うわぁ、でもいるんやぁ。ちゃんと… 
      カルミンについて語っている人が…)


カルミンって、

●1921年以来の明治製菓のベストセラーらしい。
  (でも、最近みないよなぁ)

●1980年代に国内生産をやめ、今では
  シンガポール工場で生産している。

●そういや、カルミンのお菓子の表面に「MS」って
  浮き彫りになっていた記憶があるけど…
  あれって「明治製菓(Meiji Seika)」の頭文字やって。
  (なんとまぁ、単純な… 
   しかも、ローマ字書きの頭文字やん)


そして、本命の名前の由来は…


単に「炭酸カルシウム入りミント」ってことらしい。
(チャンチャン)

なんだよぉ。
[PR]
by k-chulo | 2004-12-16 19:06 | OTHERS
先週から立て続けにキャスティングの電話が入ってきている。

今回のオーディションは Planeta というスペインの出版会社の
テレビCM。
エージェントの説明では、「バイキングをやる北欧系の俳優と、
サムライをやるアジア系の俳優を探している。」とのこと。


ギャラを確認したけど、う~ん、なかなか良い額。

年末・年始(クリスマス前後、って言った方がいいかも)の
物入りの時期に、なんとか取りたい仕事やなぁ。



オーディション用に2パターンのサムライのイメージを準備
しておいた。

① コミカルバージョン
まぁ、こっちのCMでサムライってことは、「ダァ~!!」とか
「グァ~!!!」とか叫ぶかなり大げさ&コミカル演技が
要求されることが多いんで、そういう場合用。 
←これって、ステレオタイプな設定なんであんまり
好きじゃないんやけど

② シリアスバージョン
大手出版社のCMなので、イメージ的に「ラストサムライ」を
意識した渋め&マジっぽい演技が要求されるかもしれない。
そういう場合用。




キャスティング当日、スタジオ(グエル公園近くのスタジオ。
DANONEのTVスポットの時とおんなじスタジオ)に行くと、
いつもキャスティングでバッティングする中国系俳優の
C君がいた。

そういえば、今週初めに受けたオーディションでも彼と会ってるん
だよな。
(Television Espanola-TVEのクリスマスキャンペーンCM)


ただ、このオーディションに僕は落っこちてるから、彼は
どうやったんやろうかと思いながら簡単に挨拶した…


どうも、彼もダメだったみたい。
(なんか、ちょっと安心。←うわぁ、嫌な奴やな、俺って)




さて、今回の顔ぶれは?っと、見てみると…

アジア系は、

 さっきのC君(今時のアジア人若者風、髪型はツンツン)

 C君と一緒に来ていた同じく中国系俳優君
 (サムライっぽく?無精髭&長髪、長身)

 日本人の男の子
 (何度かキャスティングで見かけるけど、まだ話しかけた
 ことがない。そう言えば彼も長髪…後ろで結んでいる)

 台湾人の男の子
 (お坊さん風の容貌。少林寺拳法とかのちょっと前の
 香港アクション映画に出てくるようなイメージ)

 そして僕。


僕が控え室にいている間に見かけたのはこれだけ。

それぞれ別々のイメージで(被ってないので)、どのイメージが
欲しいかクライアント次第ってとこやなぁ。




オーディション自体はかなりシンプルなものだった。
演技バージョンは②のシリアスバージョンをご要望だったので、
準備していた通りに割と満足が行く形でプレゼンできたと思う。

まぁ、手応えとしては、「5分5分」って感じかな。


撮影日は12月16日か17日なんで、来週の初めには結果が
分かる筈。


僕へのクリスマスプレゼントとして、このキャスティング受かりますように!!

★投稿時点 バルセロナの現在の様子★
12月11日(土) 午後12時53分
天気:快晴  気温:16度
[PR]
by k-chulo | 2004-12-11 20:53 | ACTING
サグラダ・ファミリアのみえるここバルセロナのオフィスから、身の回りで起きたちょっとした出来事、気になるニュースなんかをどんどん書いていこうと思ってます。


でも正直言って、実はブログの使い方がまだまだ全然分からんのですよねぇ。
なんか、他のブログを見てみると、かなり格好よくまとまってたり、個性的な情報発信をしてたりと、自分が始めるにあたって「ほんまに大丈夫か?」って感じです。
まぁ、楽しんでコツコツとコンテンツの充実をしていけば、ヨチヨチ歩きながら自分なりのスタイルが出来てくるはず。 気楽にいこう!っと。

まずは記念すべき最初の投稿です。


★投稿時点 バルセロナの現在の様子★
12月9日(木) 午前10時50分
天気:薄曇り  気温:14度
[PR]
by k-chulo | 2004-12-09 18:50 | WHO AM I?